鉄筋干渉自動確認に関するBIM応用

プロジェクト紹介

インフラ・プロジェクトにおいて、請負業者などは大量の 2D 図面を処理する必要があります。そのため、 進行中作業の効果的な管理、将来のメンテナンスは、プロジェクトのライフサイクル全体において、全ての関連機関にとって大きな課題です。 この問題を解決するために、BIM テクノロジー (当検討で、Revit ソフトウェア) を活用することによって、3D モデル作成を通じて構造物の中のの鉄筋干渉を確認・処理することができます。
使用ソフト: Revit, Navisworks